慣れていない音

昨日の夜のこと。

私はアパート住まいなのですが、昨日は上階から子どもの走り回る足音が。


普段は隣接のお宅から物音が聞こえてくることもなく、ペット可の物件なので外ではワンちゃんを連れている入居者も見たことはありますが、室内にいて窓を閉めていれば鳴き声や走り回る音などを感じることはなく、建物内で発生している音に対してはわりと防音が優秀な物件だと思っています。


私たちが入居するときに上階のお宅にも挨拶に伺ったのですが、「犬を飼っているのでご迷惑をお掛けしちゃうかもしれませんがよろしくお願いします」とおっしゃっておられましたが、なんの迷惑もかかることなく生活できております。




小さな子の足音って特殊なんですね。

かかとから着地して爪先に体重移動するような大人の歩き方と違って、足全体にいっぺんに体重をかけて着地するようなドスンドスンという音。


そんな感じで走る音が昨日は夕方から夜の21時過ぎまでノンストップで(;´д`)

まずね、その体力におばちゃん驚きですよ。

大袈裟でなく、ずっと走り回り続けていた(;´_ゝ`)



そして、その精神力よ。

同じアパートの上階ですから、おそらく間取りも同じ。

生活のための家具などを配置してあれば、決して運動したくなるような広さでもないはず。

そんなところで飽きもせずにはしゃぎ回れるメンタル…(-_-;)

そして、もしかしたら上階のお宅のワンちゃんが追いかけ回され続けていたのかどうかも気になるところ…(ワンちゃんの足音は聞こえないのでわからない)



私は赤ん坊の泣く声なんかは特に気にならないし、公共の場で子どもが泣き出してしまって必死にあやしている母親をみると、心の中で「大変そうだな、頑張ってほしいな」って密かに応援しているタイプではありますが、昨日の走る音も最初は何とも思っていなかったのが、それが何時間も続くと段々と気になってきた。



子どもが泣いたり騒いだりすることは仕方がないことは大前提。

でも、親がそれに対して配慮する姿勢は大事なのではないでしょうか。


上階のお宅も、普段はそんな音はしないので、おそらく子連れで遊びにきた来客があったんだと思います。

普段は大人だけの生活だと、子供用の防音マットみたいな物もないでしょう。

だとしたら、よそ様のお宅で走り回り続けている子を親が嗜める配慮がなされていたのか、なかったのかが気になるところ。


こんなことを書くと、そんなに気になるんだったらアンタが最上階に住めばいい!と叱られてしまうのでしょうか。



大概のお母さん方はものすごく神経を遣って気を付けていらっしゃるのは理解しております。



昨日は走り続ける足音を聞きながら、あのモンスター級の体力に付き合ったりうまく発散させたりなだめたりするだけでヘトヘトになるだろうな…と考えるだけで私もグッタリした夜でした(;´д`)


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へにほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 無精子症へにほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

庶民に知恵をお授けあれ

先日、いつもお邪魔させていただいているラムレーズンさんのblogのなかで『ロボアドバイザー』に関する質問をさせていただいたところ、私の超初歩的かつ庶民的かつ漠然とした内容の質問に対して本当に丁寧にわかりやすく解説した記事を書いてくださり、ようやく私の庶民脳でも把握できてきました。



私は現在、ド庶民の専業主婦です。

田舎生まれ田舎育ちで、レベルの高い教育も受けていないし、仕事もキャリアなウーマンではなかった。そんなド庶民っぷりな私が専業主婦なんてしておるのです。


直近の仕事といえば夏まで短期のパートをしておりましたが、そこを辞めて以降は自分にできそうなこと(趣味も含む)を探す期間にしようと思い、とりあえず1年ほどは次の仕事は探さずにどんどん色々なことにチャレンジしてみようという期間にすると決めました。


そのチャレンジの一環として「ロボアドバイザーを知る」ということもやってみようと思ったわけです。

実際に利用するかしないかは別として、知識として頭に入れておけば話題も増えるし、馴染みのない世界を知ることは難しくもありそれが楽しくもある。


そしてラムレーズンさんの説明のおかげで、それまでの「食わず嫌い」のような感覚が取り払われた私は、自分でも色々と調べてみました。


最初のうちは、なんだか馴染みのない言葉やカタカナがいっぱい出てくるし「よくわからん…」でしたが、日を改めて何度か読むことと、ひとつの記事だけではなくいくつか読むことを数回繰り返しているうちに、うっすらと、ほんとにうっすら~と輪郭だけはわかってくるようになりました。

難しいことはいまだに理解できておりません(笑)



でも少しわかってくると次は試したくなる。

うーん、自分個人のお金はロボアドバイザーで、夫婦の共有財産は個人型確定拠出年金(iDeCo)だなぁ。

と思っていた私の前にまた新たな謎が!


その名も『積立NISA』なんだこれは!

NISAはCMとかでなんとなく聞いたことはあるけど…。


どうやら来年から新しく始まる制度で、
・少額の投資
・長期での資産形成向け
といったものらしく、なんだかよくわからんが気になる。


気にはなるけど頭が追い付かない…(笑)

ここ数日で新しいことを急に入れ始めたもんだから、低スペック小容量の脳がフリーズ寸前です
ヘ(゜∀°;)ノ



だけど、お金のあれこれの難しいことはまだよくわからないけど、確定拠出年金の対象範囲拡大や積立NISAのような制度が出てくることから考えると、直感的に『知らない人は損をする(けど知っていても庶民には無理)』だった世の中から『知らない庶民だけが損をする』という時代がもう始まっているかもという雰囲気はビリビリと感じております(T▽T;)ヒェ~~



お国の制度も、徴収だけはキッチリガッツリとお知らせしてくれるけど、還元に関してはわざわざ教えてくれないんだもん。


たぶん私や私の周りの人間が無頓着なだけで、みんな世の主婦さんは人に言わないだけで実は賢く運用されているんだろうと思うと、取り残されている感がハンパないここ最近であります(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へにほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 無精子症へにほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ

テーマ : 夫婦二人暮らし
ジャンル : 結婚・家庭生活

結婚幸福度

先日、どうやって辿り着いたのかは忘れましたが『結婚幸福度測定』なるものができるサイトを見つけまして。


結婚の幸福度の指数をQOM (Quality of Marriage)と言うらしく、80の質問に答えると診断結果が出るといったものです。


私はこういった診断系のものはあまり信用していないというか、その場の話題作りやゲーム的に楽しむことはするけど結果なんて読んだ5分後には忘れるタイプなのでタメにならないのと、質問に対する自分の気持ちとピッタリくるものが回答群の中にない場合の結果の信憑性を疑うタイプなので…と書きながら自分でも「なんて可愛げのないヤツだ」と思います(´・_・`)


それで、暇つぶしにやってみたんです。

結果は1000ポイント中600弱でした。
※診断結果をスクショし忘れたのでざっくりとしか覚えていません┐(´-`)┌

そのポイントがいいんだか悪いんだかはわかりませんが、80の質問に答えることで
・自己PR力
・観察力
・仲良し力
・ケンカ力
・過去未来力
・境界力
といった6つの要素がわかるようです。


そして、結婚の幸福度を構成するこの6つの要素は、年収や子どもの有無などに関わらない、自分の努力で変えていける『行動・意識要素』なのだそうです。



私の場合、自己PR力とケンカ力の二つだけがとても低く、他は高めでした。

この結果からわかることは、理解や共感や受容はできているが『自分の気持ちを伝える』ということが苦手ということ。


はい。大いに自覚ありです\(^o^)/


だけどそれで今うまくいっていて心地良いなら私はそれでいいと思うのですよ。


会ったこともない人に勝手に点数つけられて、あなたの家庭は幸せだね、不幸せだねなんて決められたくない。(←診断の存在自体を否定し始めるヤツ)


600ポイント弱、それがうちの高得点ならそれでいいのですよ。

だって、私がここでグズグズと吐露してるようなことを家庭内でもぶっちゃけていたら、QOMポイント的には上がるかもしれませんが現実の家庭内の雰囲気はダダ下がりになること間違いなしです(-∀-)


心に秘めた想いがあるのもいいじゃありませんか(´∀`*)なんて綺麗にまとめたっぽくしておきます(笑)



ちなみに、http://www.qom.jp/で診断できますので、お暇でしたら試してみるのも面白いかもですよ( ´艸`)
※質問が80あるので、本当にお暇があるときにどうぞ


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へにほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 無精子症へにほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

耳で観るテレビ番組

台風も過ぎ去り、久しぶりの青空です。

気分も晴れやかになって、珍しく朝っぱらから掃除のスイッチが入りました。

お洗濯も溜まってる~(;´д`)


普段も色々とやることがあるわけですが、そんなときも基本的にはテレビをつけていることが多いテレビっ子のヒッピー。

作業中に流しておく場合は、気を取られる内容の番組や集中して観なければいけないような番組は避けます。

耳に心地よく(母国語しかできないので日本語のもので)、ときどき視界に入ってくる画面も目を留めてしまうほどではないけれど気持ちの良い景色でサラッとした映像のもの。


私のそんな条件を満たしてくれる番組の中のひとつが、『岩合光昭の世界ネコ歩き』です。


岩合光昭さんは動物写真家で、世界で色々な動物の写真を撮っておられるのですが、この番組ではネコのみ。


俳優さんや女優さんの声による落ち着いたトーンの語り。
その合間に入る岩合さんがネコに語りかける声も心地よい。


ヒッピーの『動物好き』『世界の風景好き』のツボをくすぐる丁度良い番組(*´ω`*)


録画しておいて「ここぞ」というときに流しております。


だけど、どうしても流し見になってしまうので、作り手の側からしたら「ちゃんと観てよ~」と思われてしまうかもですね(^_^;)


でもこれが心地よくて丁度良いのです(о´∀`о)


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へにほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 無精子症へにほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ドラマ「コウノドリ」~我が家の場合~

テレビドラマの第2シリーズが始まりました。

このドラマは産科医を主人公に、様々な妊婦とその家族を中心にストーリーが展開していきます。

そう。このドラマを観るということは、がっつり『妊娠~出産』に関することを目にするということ。




このドラマは漫画が原作で、私はこの漫画の連載を読んでいました。

その頃は主人と「そろそろ結婚ですかねぇ」という時期だったかと思います。

そして、その漫画がドラマになるということで、キャストも悪くないし(←わりと重要)観てみようかとなったのは、結婚してなかなか授からないことに私が焦り始めて検査にかかり始めたけどまだ深刻な状態とは思ってもいなかったとき。

放送が開始したのは、私の検査をし始めていただけで、主人のことが発覚するのはもう少しあとのことになるのですが、我が家はこのドラマを二人で観ていました。


最初の頃は主人もドラマとして楽しんでいたのですが、ドラマが回を重ねていく間に現実世界では主人の方の検査を勧められ、ドラマ終盤の頃には主人の方の雲行きが怪しくなり、専門の病院にかかるように言われて病院探しをしていた頃だったかと記憶しています。


そんな時期だったので、ドラマの終盤は主人は気まずかったのか一緒に観なかった回もあったのですが、それでもあのタイミングで妊娠出産に関するものを二人で観ていたことで、すんなりと子どもを授かるための治療に向けての気持ちが二人同時に出来上がっていっていたように感じました。

(専門医にかかり無精子症確定の診断をされたのはドラマの第1シリーズ放送が終わったすぐあとのことで、主人が手術をして残念な結果で子なしの道に進むのはまたさらに少しあとのこと)



そして今、子どもを諦めた状態で第2シリーズが始まることを知った私は正直戸惑っていました。

自分だけで観るなら全然ドラマとして楽しめると思う。

だけど、前作を二人で一緒に観ていたのに今回から急に話題にも出さず知らんぷりするのも露骨っぽいし逆に気まずくなりゃしないだろうか…。
それに私は観たいし。


そんな「どうしたものか…」というモヤモヤを抱えていたある日、主人がレモンを持ったアイドルが表紙の番組表雑誌を買って帰って来た。

(そういった雑誌は毎月買っているわけではなく、これから新しく始まるドラマが特集で紹介されているときだけ買ってきて「このドラマは観る」だとか「このドラマはキャストはいいけどストーリーが興味ないな」とか、二人でやいのやいの言いながら次に観ていくものがなんとなく決まっていく)

そして、その雑誌を二人で見ながら、どんな流れでそうなったのか記憶に残らないぐらい自然にコウノドリも観る感じになった。

そして毎週録画でセット。


だけど、実際に放送が始まったら一緒に観られるだろうか…気まずくないだろうか…という心配はありました。



放送開始当日、録画していることもあったし、気まずさもあったし、二人とも他のことをしていたこともあって、放送時間になってもチャンネルを合わせずにそのままにして10分ほど経った頃、「コウノドリ観ないの?」と主人が言ってきた。


『もしかして、気まずいと思って気を使ってしまっているのは自分だけなのか?』


そう思ったら、この初回でタイミングを逃したらダメな気がして、すぐに追っかけ再生を始めた。


結果、いつものようになんやかんや言いながら普通に最後まで二人で観ていた。




妊娠出産に関するこのドラマの第1シリーズの放送と時を同じくして、我が家も妊娠に関することで色々と取り組むようになり、その後色々とあり、本当に色々とあり、子どものいない人生を歩き始めた今、またそのドラマの第2シリーズを二人で観ている。

今後の内容によっては気まずくなるような展開もあるかもしれないという不安はあるけれど、そのときはそのときにまた落ち込もう。





ただドラマを観ただけ。

これは他の夫婦からしたら普通のことなのかもしれない。

だけど、我が家にとって、私にとって、とても大きくて静かな前進でした。

子なし夫婦として、またひとつレベルアップできたような気持ちになりました。



こうして、二人で一緒に『普通』『日常』を増やしていく。


そうやって積み重ねて生きていけたらいい。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へにほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 無精子症へにほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ

テーマ : 夫婦二人暮らし
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

ヒッピー

Author:ヒッピー
東海地方在住
30代も後半に突入しております

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR